オフィスM2 サラリーマン向け不動産ブログ

不動産管理会社オフィスM2のブログ。サラリーマンの方を対象に不動産の基本を解説していきます。

7. 不動産の特徴:個別性の強さ

不動産の特徴として、「個別性の強さ」が挙げられます。

 

これは何を言っているかというと、他の商品やサービスと比べて、取引ごとの差がとても大きくなるケースがある、ということです。

 

他の商品やサービスだと、だいたい「相場」というものがあり、どこで買っても似たような値段になることが多いと思います。

 

当然、不動産にもある程度の相場はありますが、ということです。他の商品サービスと比べると相場と外れた値段で取引されるケースが多い傾向があります。

 

これは、

 ・取引が売る側/買う側の相対取引で、取引結果が公開されない

 ・個別の事情によって取引額が左右されることが多い

といった事情によります。

 

※例えば、なんとなく「XX駅の近くに住みたいな、、、」という人もいれば、「親の介護が必要になって、どうしてもすぐにXX駅の近く、できれば親の住んでいるマンションのすぐそばに早急に引っ越さなければならない!」という人がいると、後者の場合は、相場より少しくらい高くても、、、となるケースがあったりします。

 

実際、私は自宅を3年前に購入したのですが、その際は前のオーナーの方がお仕事を引退されて、地方に移住するとのことで、比較的安めの価格で出されていた物件を買うことができました。高齢の会社役員をやられていた方で、なんというかあまりガツガツ高く売ろうとされている方でもなく、スムーズに売買がきまりました。

その1年後、私の自宅の隣の物件(同じ間取り)が売りに出され、売却が決定したのですが、なんと私の買った価格より+1000万円の価格で約定してました!

 

 

不動産投資の特徴としてもう一つ挙げるとすると、

 不動産投資物件は、人に貸す物

という点です。

 

当たり前の事を言っているようですが、なかなかこの点を理解していない方は多いと思います。

不動産投資物件の話をしていると、

 「どうせワンルーム買うなら3点ユニットバスじゃなくてセパレートがいいなぁ」 

 「やっぱり、東急東横線沿線が良いな!」

 「カワイイ部屋がいい!」

等々、ご自身の趣味や希望を言い出す人が結構います。

あくまでも、不動産投資物件は人に貸す物。ご自身の趣味や希望は、とりあえず横に置いておいてください。

極端な話、買う際に気にする点は「立地」だけ、といっても過言ではないかと。。。。