オフィスM2 サラリーマン向け不動産ブログ

不動産管理会社オフィスM2のブログ。サラリーマンの方を対象に不動産の基本を解説していきます。

13. 不動産投資のコツ(続き)/ 不動産にかかるコスト

共働き夫婦の方は収入合算

実は私はコレです(^^;

私一人の年収では十分な融資を銀行から受けることができない。。。という場合でも、配偶者の方の収入と合わせて融資をしてくれるケースがあります。(配偶者の方が連帯保証人または連帯債務者となる)

例えば年収500万の人がいて、奥様も共働きで同じく500万の年収だったとすると、500万+500万=1,000万円をベースで銀行は審査をしてくれますので、とても借りやすくなります。

 

業者さんについて

大きな買い物なので、やはり信頼できる担当の人を見つけた方が良いです。

買うのは不動産。業者さんは(基本的には)仲介しているだけですから、大手さんから買おうが、中小の業者さんから買おうが、誰から買おうとモノはあ同じといえば同じ。。。と思うかもしれません。

 

しかし、やはり業者さんに入ってもらった方が良いと思う点は、銀行とのネゴです。なかなか不動産投資を始めたばかりの個人サラリーマンが、銀行と交渉するのってハードル高いです。なので、そのあたりをサポートしてくれる業者さんが一番たよりになります。

 

こればかりは相性もありますので、とりあえずいろんな業者さんの話を聞いた方が良いと思います。不動産の押し売りなんてできませんから、あまり深く考えずに問い合わせして会ってみることが大事です。

もし、営業電話がしつこそうだな。。。と思っているのでしたら、そういう場合はこのサービスがオススメです。

ip-phone-smart.jp

 

なんと、初期費用も月会費も全て無料、0円で050で始まる番号を取得できます。スマホがあれば、普通の電話と同じように待ち受けして通話できてしまいます!

 

また、メールアドレスについても

m.kuku.lu

こういうサービスを利用すれば良いと思います。

 

 

不動産にかかるコスト

サラリーマンの不動産投資について、どのような支出・収入の種類があるか、また、投資先としてどのような選択肢があるかについて代表例を挙げながら説明します。

 

基本的な収入・支出の内訳例

不動産投資を行う際の基本的な収入・支出には下記のような種類のものがあります。

 

支出

収入

種類

説明

種類

説明

管理費・修繕積立金

マンションの場合、毎月管理費・修繕積立金が必要です。

家賃

部屋を貸して得る家賃

管理費

管理会社に管理(例えば家賃の集金やトラブル時の対応等)を依頼する場合、管理会社へ支払ます。

管理費等

居住者の方から、管理費といった名目で毎月お金を頂くケースもあります。

利息

借入を行って物件を購入した場合、銀行に毎月利息を支払います。

更新料

主に首都圏・京都などの慣習ですが、2年に1度等の頻度で、家賃の1ヶ月程度の更新料を頂き、契約更新を行います。

所得税・住民税

不動産投資の結果、黒字になった場合、利益に対して課税されます。

敷金

保証金です。退去時に、入居者の責任である破損箇所等を修繕するための費用を担保するために入居時に預かるお金です。

最近は敷金0の物件も増えています。

固定資産税

毎年支払が必要な税金です。

更新手数料

更新時に、不動産会社に支払う手数料です。(契約によります)

礼金

慣習的に、入居の際に賃借人が賃貸人に対して支払う一回払いの料金です。

最近は礼金0の物件も増えています。

その他

インターネット利用料や町内会費等の負担が必要な場合もあります。